費用抑制と問題解決

ランダムに弁護士事務所の公的サイトをチェックする中、いわゆる「成功報酬制度を導入」「解決に至れなければ費用は不要」的な文言を目にする場面に遭遇します。更には「着手金不要」「相談無料」など、一般的に弁護士と何らかのコミュニケーションを図るに際して求められる「費用」が「無用」と謳う文言を目にすれば、自ずと意識がそちらに向いて当然です。
確かにこれらはいずれも依頼者側にとって魅力的な文言ですが、弁護士に解決を依頼する行為は、例えばスーパーで消耗品を購入する行為とは本質的に異なります。正式依頼後に果たしてどのような展開が想定されるのか、それは何パターンにも及んで当然です。何より一口に「成功報酬」なる表現が用いられていたとしても、100%解決しなければ無料なのか、一部解決出来ればそれに比例した報酬が発生し、その比率はどう設定されているのかなど、細かい部分を正確に理解しておかねばなりません。

何より弁護士事務所はボランティア組織ではありません。卓越した各方面の専門知識と弁護士資格を合法的に駆使し、私達一般人では地力解決が難しい難題を代わりに解決してくれる存在である以上、相応の報酬の発生は弁護士にとって当然であり不可欠です。その点では経済社会を生きる私達が条件反射的に「お得感」を覚える文言は、弁護士側にとって有効な新規依頼者獲得手法の1つであり、決して違法な集客スタイルではありません。

Posted in 未分類 | 費用抑制と問題解決 はコメントを受け付けていません。

重要な費用内容の確認

弁護士への債権回収依頼費用に際しては各弁護士側が設定した額の負担が求められます。こうした料金は公的に統一された金額ではなく、弁護士各々が自由に設定しており、例えば正式に何らかの対応を依頼した際に発生する「着手金」に関しても同じです。解決を求める事案の内容などにより、各々異なる金額が設定されているのが一般的です。その他弁護士が実際に解決に向けて行動を起こすに際し発生する、通信費や雑費などの実費を依頼者側が負担する契約も一般的です。こうした明細は一定期間毎に区切って集計から請求され、依頼者側には明細が提示されます。

そして債権回収など未払金を回収出来た場合、成功報酬として弁護士側に一定の報酬を支払うのが一般的です。その算出式も弁護士毎に異なっており、時に回収金額が少額だった場合、他の諸費用と合算した結果、殆ど手元に現金が残らない、更には持ち出しとなってしまう可能性も否めません。こうした料金体系と推察される着手後の展開に関しても、最初のカウンセリング時に十分確認しておく事をお薦めします。弁護士サイドからも説明が届けられ、誠意的な多くの弁護士は、依頼に対するメリットが見られぬ場合、その旨を正しく伝えて辞退されるケースも見られますが、これを投げやりな対応と誤解してはなりません。特に発生が想定される費用内容に関しては、疑問点を曖昧にしない姿勢が大切です。

Posted in 未分類 | 重要な費用内容の確認 はコメントを受け付けていません。

相談から依頼に際して

電話、口頭、書面による督促など、思いつく手法を全て用いても未払が続く債権回収の最終手段として、弁護士に回収を依頼するという選択肢が見過ごせません。全国各地には債権回収方面で確かな実績を誇る弁護士事務所も数多く、無料相談を積極的に実施している事務所も見られますので、まずはこうした独自のサービスを活用してみるのも一案です。

但し無料相談はあくまで「相談」であり、無料で債権回収に力添えして貰える訳ではありません。限られた相談時間内で弁護士に現状を的確に伝え、それに基づきベストと思われる解決策の助言、更には自事務所に正式依頼した場合の料金面その他のシステムの説明が為されるのが一派的です。無料相談から必ず正式依頼せねばならない決まりはありませんが、そうした展開も視野に入れ、無料相談は基本1人1階で時間制限が設定されています。状況伝達に必要な資料など、一通りの準備を整えて臨む事で、よりスムーズに弁護士への対応依頼手続きに移行出来ます。勿論正式依頼を一旦保留から、後日先の無料相談を受け、あらためて正式に依頼しても全く問題はありません。まずは弁護士という豊富な実績と経験を有する専門家の助言を仰ぎ、自身あるいは自組織が置かれた立場を冷静に再確認するところから解決に向かうのがベストです。

Posted in 未分類 | 相談から依頼に際して はコメントを受け付けていません。

債権回収と弁護士費用

売掛金など元来期日厳守で支払われるべき金額の入金が確認出来ず、当初こそ柔らかな確認と督促を重ねるも、一向に対応が為されぬ時間ばかりが経過してしまう経験は、多くの経営者がご記憶をお持ちの展開です。時に自組織の経営状態にも悪影響が否めぬ状況となれば、その後の相手先との関係が修復不可能になろうとも、確実な未払金額の回収を完了が、当然最優先かつ必須課題となります。

既にこの状況下、相手先の資力に甚大な不安は否めません。内容証明の送付など、自組織としての対処が考えられる手法を繰り返し続けたとしても、結果それらに要する経費倒れとなってしまう可能性も十分想定されるとなれば、残された選択肢は自ずと、法的効力を用いての督促すなわち、弁護士の力を借りての債権回収となります。

確かに弁護士が乗り出して来たからと、ようやく支払いに応じた事例は過去に数え切れませんが、一方で相手先が自己破産してしまった場合など、結果的に全額回収が叶わぬ事例もまた少なくありません。更に弁護士に対応を依頼するとなれば、所定の費用を新たに負担せねばならず、解決までに至る時間が中長期的に及んでしまった場合など、その金額が想定以上にかさんでしまい、ようやく回収した金額と相殺されてしまう、更にはいわゆる「足が出る」状況に及んでしまう可能性もゼロとは言えません。ここでは弁護士を利用して債権を回収するに際し、事前に正しく踏まえておきたい関連基礎知識を中心にご紹介申し上げます。最終的に依頼するのか否かの決定を下すに際し、確実に押さえていただきたいポイントを中心にお伝えしますので、ぜひこの機会に確認しておいてください。

Posted in 未分類 | 債権回収と弁護士費用 はコメントを受け付けていません。